1. >
  2. >
  3. 結婚式前日は何をする?やるべきことは?
結婚準備

結婚式前日は何をする?やるべきことは?

定番を抑えれば安心!

結婚式前日、何か忘れていることがないか不安になるものです。
まずは定番の対応を紹介しましょう。

まず、結婚式前日にやるべきことは「お世話になっている人への挨拶」です。
具体的にどのような人が該当となるのか?というと、それは「招待客、会場スタッフ」です。
招待客と言っても、すべての招待客に対して結婚式前日に挨拶を行うわけではありません。

主に、スピーチや余興をお願いしている相手に対して、結婚式前日までに挨拶しておくと良いでしょう。
このような行動は、相手だけでなく自分の気持ちも良いものに変えてくれます。

例えば、招待客に対して挨拶を行っておくと、相手から祝福されることが多いので、「とうとう結婚式を挙げるんだ」という気持ちになれます。
出会う人のほとんどが、このように祝福をしてくれたり、もしくは余興の調整を真面目に行ってくれるため、これほど多くの人に祝福されながら、もしくは支えてもらって結婚式を挙げられる・・・という気持ちを学べるのです。
このような行動を通して成長する人もいますし、また、晴れやかな気分で結婚式を挙げられる人は数多くいます。

また、月並みかも知れませんが「持ち物チェックリストを作る」ことも大事です。
結婚式前日にやるべきこととしては、いささか簡単かも知れません。
ですが、大事なものを忘れてしまうと、そのせいで式中にそのことが気になってしまうこともありますし、忘れてしまうと式に影響を与えるケースもありますので、持ち物チェックリストを作っておきましょう。

大事なものから順番に書き記していき、チェックマークを入れるなどして忘れ物を減らすようにすると、結婚式前日にハラハラすることもなく、気分良く結婚式当日を迎えることができます。

その他の対応

結婚式前日にやるべきことでその他の対応に分類されるものでは、以下のような対応が存在します。

例えば、「とりあえず就寝を通常より早める」というのも、結婚式前日にやるべきことなのです。
人というのは、イベント前日となると気が昂ったりすることが多いのですが、そのままでは体力にも悪影響を及ぼすことがあります。
なので、しっかりと寝ておくようにしましょう。

女性の場合、しっかりとした睡眠を毎日欠かさずとっているだけでも、美容面に与える影響が大きいとされていますので、結婚式前日ではなく、可能であれば1ヶ月前から睡眠をしっかりととっておくと良いです。

また、男性の場合は「お酒を断つ」というのも効果的です。
お酒を飲んでいると、人によっては体調を崩してしまう人もいますし、結婚式前日なのにお酒が飲みたくてイライラする人もいます。
なので、結婚式を意識して1ヶ月程度でお酒の量を減らすということも大事です。