1. >
  2. >
  3. 失恋女子がやってはいけない「NG行動」とは?
失恋

失恋女子がやってはいけない「NG行動」とは?

NG行動

失恋の痛手から立ち直るためにアクティブな行動をとるのは良いことです。
しかし内容によってはマイナスイメージにつながることや自分の中で後悔に繋がってしまうこともあります。

失恋女子のやってはいけないNG 行動はどんなものなのかを考えましょう。

相手の悪口を言いふらす。

どのような形であっても相手のことを悪く言ってしまうのは、自分のイメージを下げることにつながります。
相手からのイメージだけではなく、周りの人からのイメージも避けてしまうことがあるのでこのような行動は慎みましょう。

直接誰かに愚痴をこぼすという形だけではなく、ネット上でのSNS でも悪口を書くなどという行為は避けたほうが無難です。
自分の中で思っている不満な点については日記帳や誰にも見られない鍵をかけたブログなどに吐き出すようにしましょう。

ストーカーまがいの行為

失恋してしまいその後も相手を忘れられないからといって、相手につきまとったりストーカーまがいの行為をすることはやめましょう。
これは相手にとって迷惑でしかありません。

潔く引き下がり時間が経って、街中ですれ違った時、笑顔で挨拶できるような素敵な女子になりましょう。
いつか相手が後悔するような自分になることを一つの目標にしてみるのも良い方法となります。

毎日のように遊び歩く

友人とランチに出かけたり、たまの飲み会などであれば、気分を紛らわすために良い方法ですが、毎日のように飲み歩いたりすることは避けましょう。

このような行動は風の噂などで相手の耳に入ってしまうこともあり、軽いイメージを持たれたり相手に対する気持ちさえ本物だったのかと疑われてしまうことがあります。
自分のイメージが下がることはデメリットですからやけになって、遊び歩いてしまわず1人の時間を大切にしましょう。

寂しさ紛らわすために男友達にこびる

失恋をして自分が辛いからといって寂しさを埋めるため、または紛らわすために身近な男友達になびいてしまうような女性は嫌われます。

直前まで他の男性が好きだと言っていたのに、すぐ気持ちを切り替えて他の男性と付き合えるような女性は真剣さを疑われてしまったり、だらしがないイメージを与えてしまうこともあります。

失恋の辛さを自分の中でしっかりと受け止め男友達に相談することがあっても、恋愛感情のない相手に甘えたり、身を委ねることはしないように心がけましょう。

相手からマイナスイメージを持たれてしまうことは失恋をした後でも損をしてしまいます。
あなたを振ったことを相手が少しでも後悔したり、罪悪感を持ったりするためにもある程度は毅然とした態度でいることも大切です。

どうしても辛い時には1人の時間を持ち泣く事も必要ですが、くれぐれもヤケになり、何を考えているのか分からないと思われてしまうような行動は慎みましょう。