1. >
  2. >
  3. 早く立ち直りたいあなたへ…「失恋の傷」を癒す行動とは?
失恋

早く立ち直りたいあなたへ…「失恋の傷」を癒す行動とは?

悲しい

失恋から早く立ち直りたいと思っていても、辛さばかりがたちが先立ってしまい、なかなか乗り越えられずに辛い日々を過ごす人もいます。
失恋の傷を癒すためにはどんな方法をとればよいのか一つ一つ実践してみましょう。

気が済むまで泣く

失恋した時に両手を伸ばして喜ぶ人はいません。
誰でも悲しくなってしまうでしょう。

その時はまず第1に我慢をせず思い切り泣くことです。

1人になるタイミングがないと言う人でも、入浴をするタイミングや夜、自分の部屋に入ったタイミングなどに思い切り泣くようにしましょう。

声を出して泣きたい時には1人カラオケなどもあり。
フリードリンクを活用し、さらにフリータイムで好きなだけ泣きましょう。
ある程度泣くことで気持ちがすっきりとすることもあります。

辛い気持ちと向き合い、素直な気持ちを認める

今、自分自身が失恋した痛手でとても辛いということを自分の中で認めましょう。
そしてどんなふうに辛いのか、なぜ辛いのかを一つ一つ考えていくと良いです。

そうすることによって自分がどれだけ頑張ったのか、どれだけ相手のことを好きでいたのか尽くしたのかが見えてきます。

その後にあるのは後悔ではなく、すっきりと晴々しい気持ちではないでしょうか。
それだけ頑張ってもダメだったのだから縁がなかったと切り替えるきっかけにもなります。

具体的な目標を決めて自分磨きをする

半年以内に5キロ痩せる、今週中に髪を切ってイメージチェンジをするなどと具体的な目標決めて実際に動いてみると良いです。

何もせず悲しみに暮れているだけではなく行動に移すことによって、新しい発見があるかもしれません。

具体的な目標を設定し、この目標をクリアすることによって一つ自分に自信の持てるようになるでしょう。
相手を見返すためにより綺麗になるために努力することも新しい出会いを引き寄せます。
振られた人のタイプの女性の顔になるために二重埋没整形したなんて失恋エピソードもあったりしますが・・・
その結果失恋の痛手から立ち直り、新しい出会いにチャレンジする勇気を持てる事も多いです。

自分の好きなことをしてみる

お料理が好きなら心ゆくまでお料理を作るといった方法や、思い切って1人旅に出かけてみるなど自分の好きなことや、やりたいと思うことにチャレンジしてみましょう。

何かに没頭することで気分が紛れてスッキリすることもあります。

また、自分の好きなことを心ゆくまで行っていると楽しい気持ちになり、いつの間にか失恋の傷が癒されているなんていうこともあります。

少しでも辛い気持ちを忘れ何かに集中できる時間を作ることで自然と傷が埋められ、元気になるチャンスがたくさんあるでしょう。

何とかして失恋の痛手から立ち直ろう、傷を癒そうとがむしゃらにやけになるのではなく、上記のように失恋そのものと向き合いながら行動をしてみましょう。

無理に忘れようと思うのではなく、なにかをやってみようと言う気持ちを持つことで自分の中で切り替えスイッチをうまく操作できるようになります。